4人家族にちょうどいい住まいの広さ ~理想の広さと最低限必要な広さ

千代田区マンション情報館のブログへようこそ

4人家族にちょうどいい住まいの広さ ~理想の広さと最低限必要な広さ

 

お住い探しをする場合には、予算、エリア、築年数など様々な希望条件があると思いますが、

広さについてはどのようにお考えでしょうか。

なんとなく「3LDKあれば足りるかな?」といった決め方をしていませんか?

 

住まいのちょうどいい広さを考える目安として、国土交通省では「住生活基本計画」というもののなかで

「誘導居住面積水準(=理想の広さ)」と「最低居住面積水準(=最低限必要な広さ)」を発表しています。

<住生活基本計画>

 

・理想の広さ(誘導居住面積水準)

国土交通省によれば、都市部における理想の広さは

20×世帯人数+15㎡」(2人以上の場合。)

と定義されています。

 

4人家族であれば、「95㎡(20×415㎡)」となります。

たしかに、理想の広さですね。

ただ、実際の取引の場面では、ここまでの広さのマンションはあまり見かけません。

 

一般的なファミリータイプの広いお部屋でも、80㎡後半くらいでしょうか。

・最低限必要な広さ

一方で、最低限必要な広さは

10×世帯人数+10㎡」(2人以上の場合。)

と定義されます。

4人家族の場合には、「50㎡(10×410㎡)」です。

子供が小さいうちはまだなんとかなりそうですが、中学生を過ぎてくるとなかなかハードな住環境になりそうですね。

 

これらの広さは、あくまでも国交省が統計的に算出した数字ですので、各家庭によって条件は異なると思います。

物があふれている家庭もあれば、ミニマリストの用に物が極端に少ない方も

いらっしゃると思います。

家族構成や個別の要因を考慮する必要はありますが、もし広さの目安が定まらない場合には、

このような算出方法も参考になさってみてください。

 

マンションのリフォーム・購入のご相談は九段下駅徒歩1分の千代田区マンション情報館で

お気軽にご相談下さい。