千代田区のマンションが快適な理由!メリットや利便性などについて!

.千代田区に住むメリットとは!

港区、千代田区、渋谷区などの高級住宅街と言われている街は、歴史的でもあり洗練されていておしゃれな商業地のイメージがあります。

そんな高級住宅街の中でも千代田区は特別ともいえるでしょう。

 

住まいに関するサービスなどは他の区とは比べものにならないくらい、千代田区の行政サービスは最も質が良いとして知られています。

『次世代育成住宅助成』・・・・千代田区独自の制度です   

 

千代田区で住み替えをする場合に住宅助成を行っています。住み替え先の住戸の専有面積が住み替え前のものよりも広くなることや、マイホーム取得が金融機関か総額1,500万円以上の融資を受けて取得したものであることなど、いくつかの基準を満たしていれば申請ができます。

『マンション計画修繕調査費助成事業』

 

これはマンションの所有者が、将来に予定している大規模修繕を計画的に取組むことを目的とした、建物及び設備について調査に要した費用の一部を助成しています。これは修繕の計画を立てて長期的に資産価値を守っていくことにつながるので、千代田区の住宅の供給と良好な住環境の整備を図るための制度とも方向性が一緒ですね。

『マンション安全・安心整備助成事業』

震災時の安全を確保するために避難経路上の「手すり設置」や「段差消」に関する工事を行う場合や、地震に対応できる「地震時管制運転装置」・「戸開走行保護装置」が設置されていないエレベーターに装置を設置する費用の一部を助成してくれます。エレベーターなどの装置の取り換えは費用がかかるのでとてもありがたい制度です。

 

住まうにしても、賃貸をするにしても震災時などのリスクに対しての助成があることや計画的な修繕のための助成がある事は、将来に対しての安心がある街といえます。

住まいのみならず、暮らしやすい行政サービスが安心とも言われています。

例えば、子供の医療費助成は高校生までありますし、次世代育成手当や就学援助制度などで子育てがしやすい環境が揃っています。また、高齢者福祉関係の支援なども充実しています。

各区が運営しているホール(区民ホール)における車椅子席の割合は千代田区が一番多いのです。バリアフリー化が義務化されている駅や病院、老人福祉センターなどではなく義務化されていないところにもやさしい区という事が想像できます。

 

このように子育てや高齢者などへ支援がありますので安心して暮らせるとの口コミが多いのもうなずけますし、千代田区が暮らしさすさに重点をおいていることがわかります。

2.千代田区が快適な理由と利便性!

千代田区といえば、やはり皇居!

 

皇居をはじめとした、江戸城跡地の豊かな自然が休日にのんびり過ごすのには最適です。

千代田区役所や千代田観光協会前では、コミュティサイクルで電動自転車を借りることもでき、

パソコンやモバイルなどから24時間会員登録ができます。(千代田区コミュニティーサイクルがはじめての方へhttp://docomo-cycle.jp/chiyoda/howtoregist/

休日には皇居近くに位置する日本発の国立美術館、「東京国立近代美術館」や現代から近未来の「科学技術館」などもあり、家族で学びながらさまざまな体験ができます。

日常生活の中で全てストレスを取り除く事は難しいと言われています。大人も子供もストレス社会と言われていますが、自然と触れ合う事で自律神経が整ってストレスに強くなり疲れにくい生活を営む事ができるのです。

休日に自然やアートなどに触れる時間の過ごし方も大切ですね!

そして、千代田区は東京都が公開している災害を予測して地図化したハザードマップによると、火災の危険度など危険度が低いとされています。

 

木造建築物などが密集していたり、建物倒壊危険度、火災危険度、災害時においての活動困難度など東京23区の災害時の危険度を見ると、もっとも安全なのは千代田区、港区、中央区ですが災害時などのリスクもできるだけおさえておきたいところです。

交通の利便性の高いところも魅力の一つで、都心へのアクセスもバッチリです

・都営新宿線・・・新宿へ

・メトロ有楽町線・・・永田町、有楽町、池袋へ

JR中央線・総武線・・・東京 新宿へ

 

・メトロ南北線・・・目黒、麻布十番、六本木一丁目へ

.千代田区の市街地再開発事業と将来性!

東京都行われている市街地再開発事業のうち、千代田区だけでも18地区の再開発が設定されています。

現在進行中の事業は『大手町二丁目一種市街地再開発事業』『神田練塀町地区第一種市街地再開発事業』『大手町二丁目常盤橋第一種市街地再開発事業』です。

 

大手町の計画では、歴史と文化を生かした街並みをつくり、にぎわいと回遊性のある都市空間の創出を図る計画になっています。

神田練塀町の計画では、老朽建築物を集約して高層化をはかったり、業務と住宅および店舗等が調和した総合的な街づくりの計画になっています。

 

大手町二丁目常盤橋の計画では、地下交通結節空間等を整備し、地上・地下を重層的に結び、歩行空間の利便性・回遊性の向上を図る。金融拠点およびビジネス交流拠点を整備するとともに、都市観光施設を整備し、東京の国際競争力強化に貢献する計画になっています。

 

 

これらの再開発などによって、整備が進むことで千代田区に新たな魅力と価値が生まれてくる可能性もあります。将来にわたって資産価値という面でも期待できるのではないでしょうか。