千代田区に暮らそうと考えている人必見⁉ 正しいマンションの選び方とは?

これから千代田区のマンションに暮らそうと考えている方が、満足できるマンションを見つけられるようにお部屋を選ぶときに注意するポイントを紹介いたします。

住居は、人生で長い時間を過ごす場所であり、大変重要ですので慎重によく考えて選びましょう。

 

場所や環境、部屋のレイアウトなどで暮らした時の快適さが各段に違います‼

マンションを選ぶ時のポイント

 

千代田区のマンション住むことはたくさんのメリットがあります。郊外にもいいところはありますが千代田区ならではのメリット最大限に活かしましょう。マンションを購入する際に気を付けるポイントは、細かく言えばたくさんありますが今回厳選して3点紹介しますので参考にしてください。

1購入する場所の環境

まずこれが一番大事なポイントになるでしょう。千代田区のマンションの近くには様々な飲食店、意外と緑の多い地域もあります。また、少し足を伸ばせば、銀座や新宿も近くデパート、スーパーなどたくさんのお店が揃っています。その時に気にしなくてはいけないことは、生活してくうえで、なにが必要なのかを考えることです‼

通勤に便利なようにバスや駅が近くにあるか、もし病気やケガしたときにすぐ病院に行ける場所にあるか、子供がいるなら保育園や幼稚園が通いやすい場所にあるかなど、自分の生活スタイルに合わせて暮らす場所も選びましょう。千代田区にはたくさんの公共施設があり、公共交通機関も充実しています‼

 

必ず自分に合った場所があるはずなので、暮らす場所の環境にはしっかりこだわりを持つとよいでしょう。

2予算や年収を計算してマンションを決める

マンションを購入する際にどうしても気にしなければいけないのが購入価格です。十分なお金がないのに高いマンションを購入しても支払いに追われることになり、快適に暮らすどころではなくなります...

特に千代田区のマンションは価格が比較的に高いので購入する際は気を付けましょう。

平均で言うとマンション価格は1億円近くになり、家賃でいうと月々30万円をこえてきます。これは予算にもよりますが、年収の5~6倍が購入価格の目安になってきますので、年収2000万円近くの人が住める計算になります。

  他にも食費や趣味、子供の教育費なども計算して無理のない支払計画を立てましょう‼

3自分の理想の生活を想像しましょう

場所と購入価格が決まれば、あとは自分自身でもどのように快適するかです。自分が欲しいものや、このような生活ができたらいいなと出来る範囲での理想を想像しましょう。購入価格や予算からこれだけ月にお金を使えるなどを計算して、例えばペットが欲しいとか、漫画部屋が欲しいなどあなたの生活が快適になるように想像しましょう‼そうすると物件などもかなり選びやすくなります‼

 このような3点が気を付けるポイントになってきます。他にも千代田区なら売るときに価格が下がりづらいことや、災害などには強いかなど選ぶ基準はとてもたく

 さんあります。

 

  マンション購入は長く関わってくるものなので、妥協せずにしっかり納得するものを選びましょう‼

オシャレで快適な部屋にしましょう‼

どうせ住むならオシャレにしちゃいましょう‼そのほうが、家に帰ってきたときに気分も上がりますし、友達なども招待しやすいですよね?お部屋をオシャレにして快適に過ごしましょう‼

 

快適過ごすにはやはり広いと感じたほうがストレスなく過ごせます。ですが、大体の人がお部屋は充分広いはずなのに物を置きすぎたりや、家具の配置で狭く感じてしまっています。そこで、お部屋が広く見えて開放感あるインテリア術を紹介しますのでぜひ参考して下さい‼

1視線を意識する

部屋を広く見せるための1つ目のコツは、視線がどこにいくのかを意識して部屋づくりをするとよいでしょう。部屋の入口に立った時の視線を考えましょう。奥まで見通せるとお部屋が広く感じます。

また、お部屋でテレビを見たり食事をしたりしているときに窓から外が見えたりとか、壁がよく見えると広く感じます。なので、そのためには背の低い家具を選ぶことや、窓の邪魔にならないように家具を配置することです。どうしても冷蔵庫やタンスなど高くなってしまうものは、部屋の隅に設置し視界をなるべく遮らないように配置しましょう。

 

他にも部屋の照明を意識して広く見せることもできます。照明を調節して、隅の部分を明るくすることでお部屋を広く見せることができます。

2床を見せる

家具を置くスペースの理想的な割合というものがあります。それは、お部屋の広さに対し3分の1だと言われています。大体の人がそれ以上に家具が置かれていることが多いです。

マンションは、戸建てと比べると窓が少ない場合が多いので、その分家具を配置する自由度が高くなります。家具が多くなっても、なるべくまとまったスペースに配置したりして工夫して見える床の面積を増やせば広く見えるようになります。

 

家具を置くときに床が見える家具にしたりしてもよいでしょう。例えばソファーとテーブルを脚つきにして床を見せることで広く感じることができます。

3配色をうまく使う

色には進出色と後退色という2種類があります。進出色というのは、明るい色のことを言います。この色は前に出てくるように感じるものなので、壁などに使うと圧迫感があり狭く感じてしまいます。

 

後退色は逆に明度の低い暗い色のこと言います。お部屋を広く見せるのはこの後退色をうまく使うことがポイントになります。お部屋全体を暗くしてしまうととても寂しいお部屋になってしまいますので、お部屋の中で視線が集中する大きな家具に後退色を使うと、奥行きが出て、お部屋が広く見えるようになります。

まとめ

 

暮らしを快適にするには様々な工夫をすることが大切です。周りの環境や自分の今の状況をよく理解し、自分が可能な範囲で贅沢をして、快適な暮らしをしてください。