千代田区のマンション選び

千代田区マンション情報館のブログへようこそ 4人家族にちょうどいい住まいの広さ ~理想の広さと最低限必要な広さ お住い探しをする場合には、予算、エリア、築年数など様々な希望条件があると思いますが、広さについてはどのようにお考えでしょうか。 なんとなく「3LDKあれば足りるかな?」といった決め方をしていませんか? 住まいのちょうどいい広さを考える目安として、国土交通省では「住生活基本計画」というもののなかで「誘導居住面積水準(=理想の広さ)」と「最低居住面積水準(=最低限必要な広さ)」を発表しています。
千代田区マンション情報館のブログへようこそ マンション買うときに何を優先すべきでしょうか? もくじ 1.AIが評価する統計データで中央区・千代田区・港区が上位 2.資産性とライフスタイルのどちらを優先させるのか AIが評価する統計データで中央区・千代田区・港区が上位 〈本文 開始〉民間の研究所より、AI(人口知能)が最新の統計データを解析して、全国の魅力ランキングを評価した結果が発表されました。 1位が中央区、2位が千代田区、3位が港区との結果でした。
QOL(クオリティオブライフ)を上げるには?中古+リノベーションという選択肢 QOL(クオリティオブライフ)、つまり生活の質をどうあげるか。そのヒントは住まいにあります。住まいは人生の中でも長い時間を過ごす場所。住まいの質を上げることは、QOLを上げることに直結します。では住まいの品質をあげるにはどうしたらいいのか。それは人間がもっている普遍的な欲求を理解し、深いレベルで満たすための住まいを作り上げていくこと。その手段として、住まいの自分好みにカスタマイズできるリノベーションが注目されています。
千代田区マンション情報館のブログへようこそ マイナス情報こそ重要!家探しはSelFin(セルフィン)/物件提案ロボを活用しましょう!その2 SelFin(セルフィン)/物件提案ロボをご紹介してから早いもので半年が経ちました。 お蔭様で、SelFin(セルフィン)/物件提案ロボをご利用いただき、お部屋探しをされる方が100名を超えています。 そこで本日も、原点に立ち返り、前回はSelFin(セルフィン)について記事を書かせていただきましたので、本日は物件提案ロボについてご説明します。(物件提案ロボで判定される項目について)
千代田区マンション情報館のブログへようこそ マイナス情報こそ重要! マンション探しはSelFin(セルフィン)/物件提案ロボを活用しましょう! その1 「千代田区マンション情報館」でSelFin(セルフィン)/物件提案ロボをお知らせしてから早いもので 半年が経ちました。 お蔭様で、SelFin(セルフィン)/物件提案ロボをご利用いただき、家探しをされる方が100名を超えています。 そこで本日は、原点に立ち返り、SelFin(セルフィン)/物件提案ロボで判定される項目について、ご説明させていただきます。
千代田区マンション情報館のブログへようこそ 価格交渉が上手く行ったら・・ 内見をいくつか重ねていき、いよいよ「購入しても良いかも・・」という中古マンション物件に出遭ったA様。その他気になっていた物件の内見も翌週に控えていたが、それ以上に良い物件に巡り合えた感触があったこと、人気のエリアで内見者が週末に何組か入っていたことを踏まえ、その物件の購入を即検討されました。
千代田区マンション情報館のブログへようこそ 住宅購入で新築マンションを選ぶ理由と裏で犠牲になる将来へのリスク 初めて家を買う時に、新築マンションにこだわる人が多いです。 それでは、そこまで新築マンションにこだわる理由って何でしょう? 色々なご意見があると思いますが、まとめると「新品であること」が大きいと思います。 問題なのは「新品であること」の裏で犠牲にしていることに目を向けさせないように住宅事業者が誘導していることです。
不動産取引ガイド, 購入 販売図面の備考に書かれている内容の確認はしていますか? 販売図面の備考に書かれている内容の確認はしていますか?
マンションのリフォーム・購入のご相談は九段下駅徒歩1分の千代田区マンション情報館でお気軽にご相談下さい。 <h1>理想の暮らしのコンセプトのつくり方 「あなたにとって理想の暮らしとは?」住宅リノベーションの現場の実感として、これに即答できる方は1割程という印象です。リノベーションは理想の暮らしを作るための手段。中古物件を購入してリノベーションを検討している方は、大前提として「自分にとっての理想の暮らしをとは何か」を考えてみる必要があります。
住宅購入は「人生最大の買い物」と言われるだけあり、非常に高額の資金が必要となります。そのため、収入や生活水準に見合った資金計画を立てることが重要ですが、今後のファイナンシャルプランを見直す良い機会でもあります、今回は住宅ローン以外に必要となる教育費、メンテンナンス費、老後資金についてご紹介いたします。

さらに表示する